初めて住まいを貸す方へ

住まいを初めて貸す場合、一つは転勤などで自宅を貸すケース。

次ぎに現在も将来住む予定がないので自宅を貸すケースがあります。

転勤などで自宅を貸すケース

転勤などの場合は自宅を期限付きで貸すケースとなります。この場合、返してもらう期限を確定するため、定期賃貸住宅契約を利用します。

その場合、期限を確実に守ってもらう契約のため、賃料を相場より安くするなどの工夫が必要です。もっとも、賃貸に出す場合は必要最低限のリフォームは必要です。

また、自宅を賃貸に出す場合、公的住宅ローンは問題がありますが、転勤などのケースでは救済措置があり、会社からの転勤証明書があれば、融資はそのまま継続されます。

住む予定のない自宅を貸すケース

この場合は従来型の賃貸借契約を利用します。賃貸に出す場合は商品として必要最低限のリフォームは必要です。

それから、滞納等がない場合、貸主から入居者を退去させる場合は6ヶ月前までに解約予告することと、正当な事由があることが条件です。

いずれのケースの場合も、入居者募集、家賃の集金、トラブルが発生した場合に入居者負担か、貸主負担かといった調整業務が発生しますので、不動産業者へ所定の手数料を支払って、管理委託することをお勧めします。